07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横向き秋ぶらりきものレンタルにご予約いただいたお客さまに、身長198cmの男性の方がおられ、どうにか工夫して、着ていただく方法はないか、探ってみました。

?マネキンを最高の高さにする。
【左写真】左下に見える踏み台35cmに身長160cmのわたしが乗ると、ほぼ肩の高さが同じだったので、おそらく195cmになりました。奥に見えるマネキンが同一のもので身長165cmサイズ、いかに大きいかお分かりいただけるでしょう。 

?一番丈の長いきものを着せる。
身丈158cm裄78cm
【下右写真】

?一番丈の長い袴を着せる。
丈2尺6寸6分(約100cm)
【下左写真】

残念ながら、マネキンには腰から下がないので、マネキンに帯を締めることのできるぎりぎり最下部に角帯を巻き、その上に袴をつけました。
角帯を巻いた部分の周囲は90cm、女性用マネキンなのでかなり細身です。男性はもっと胸板が厚いので、その分、丈が取られ、裾が短くなる可能性が高いと思います。裾
この帯位置の場合、着流し【下右写真】と袴【下左写真】では裾ラインに大差なく、着流しのほうが2cmほど長いようでした。
【右の写真】
体形とのバランスもあるでしょうが、帯をこのマネキンより下の位置で締めることができれば、袴の方が丈長にできると思います。
袴 着流し
写真を見るとおり、裾下から床まで15cmほど開いており、普通に足袋を履いた場合には、すねが丸見えということになってしまいます。かっこわるいですね。大股で歩いても素足が見えたりしない、ちょっと長めのブーツを履けば、かえってオシャレに着られるかもしれません。
ブーツの難点は、室内に入るときです。ブーツの中に足袋を履くのは無理なので、当然靴下だと思いますが、それが見えると非常にブサイクなので、靴を脱ぐ際には一緒に靴下を脱ぎ、裸足になるのがベターです。裸足NGのところには行けません。

これ以上、大きいサイズとなると、2着分の反物を使って1着を作ることになり、ステーションでレンタル提供できる規格を超えてしまいます。申し訳ありません。

ところで、お相撲さんの着物は特注だといいますが、仕立てなどどうしているんでしょうね?
東京駅で、偶然、浴衣姿の力士数人を見たことがあり、帯は女性の半巾帯くらいのものを角帯として締めているのを確認しました。浴衣も接いである感じはなかったので、元々広幅なのでしょうが、何cm幅なんでしょう?気になります。


スポンサーサイト
2007.10.18 / レンタルきもの /
Secret

TrackBackURL
→http://kimonoburari.blog82.fc2.com/tb.php/57-69da0f79
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。